アフターピルの避妊効果と副作用

低用量ピルとアフターピルの効果、そして副作用は同じ?

低用量ピルとアフターピルの効果、そして副作用は同じ?

お付き合いをしている男性がいる場合や結婚生活においても、まだ妊娠自体を望まないという場合は非常に多くあります。このような場合には万全な避妊をしておく必要がありますが避妊の方法にもいくつかの種類があります。

きちんと避妊をしたつもりでいても、コンドーム等の装着だけでは確実な避妊をしたとはいえず、低用量ピルを使おうと考える方もいるでしょう。最近は副作用が低いとされているので、生理時の痛みの軽減などに利用する人もいます。その他、アフターピルを使うという選択肢もあります。

このように避妊の方法は非常に多くありますが、アフターピルの使い方を知らない方もかなり多くいるのではないでしょうか。さらに、低用量ピルとアフターピルの違いや副作用についてもよくわからないといったケースも存在するので、こちらで解説していきます。

低用量ピルとアフターピルの違いについて

違いを観察している女性
低用量ピルは、体内に妊娠したと誤解させる作用を持たせることで、着床や排卵等を阻止する働きを持ちます。飲み忘れさえなければ、ほぼ100%妊娠を避けるということが可能です。一方のアフターピルは、妊娠の可能性がある場合に性交後に飲むタイプのお薬となります。

ですから、同じように妊娠を避けるという意味では一致していますが、低用量ピルとアフターピルの作用については全く違うものとなります。さらに、アフターピルについても正しい服用をすれば、避妊効果が約99%前後とかなり高い確率となっています。

低用量ピルとアフターピルの飲み方について

それでは、低用量ピルとアフターピルの飲み方の違いについてはどうなのでしょうか。低用量ピルというのは飲み続けなければいけない、飲み忘れてはいけないお薬となります。半日もしくは1日程度であれば問題ありませんが、2日空いてしまうと避妊効果は無くなってしまいます。

逆にアフターピルというのは、避妊に失敗したと思われる後に飲むだけのお薬となり、効果を発揮するにはなるべく早く飲むべきなのです。

アフターピルを飲む時期はどれくらいが効果的か

効果的な服用の制限時間
どれぐらい早くアフターピルを飲めば、効果が発揮されるのかということも気になるところではあります。避妊効果がより発揮されるのは、性交後から24時間以内で99%から95%の確率となり、72時間以内で75%の避妊効果を期待できます。ですから、妊娠を望まない女性であれば常に手元にアフターピルを置いておくことも必要です。

【関連ページ】女性のお守りになる、アフターピル

低用量ピルの副作用について

低用量ピルを服用するという時、やはり気になるのは副作用です。低用量ピル思飲む時に、生理前症候群の症状が良くなるというメリットもありますが、同時に当然副作用もあります。

低用量ピルの副作用は、子宮がん、乳がん、 血栓症などの大きな症状が出ることもあります。さらに、むくみ、吐き気、ニキビ、頭痛体重増加などの症状も見られます。安全性は高いといっても、体質により症状が出てくる場合もありますから医師と相談しながら服用することが大切です。

アフターピルには副作用はあるのか

副作用で頭痛の女性
では、アフターピルの副作用にどうでしょうか。アフターピルもやはり頭痛や胸の張り、吐き気等の副作用があります。しかしながらこの副作用については、アフターピル自体が長く飲み続ける種類の薬ではないので、長期にこの副作用が続くという事はありません。

ただ、実際に嘔吐してしまった場合には、薬の作用が効果を発揮しないという結果にもなりかねませんので、また飲み直す必要性はあります。どんな薬にも副作用というのは掲載されているものですが、おおむね重大な副作用が起こらない薬であるからこそ、厚生省で認可され医師により処方することができるのです。

低用量ピルやアフターピルは、薬なので全く副作用がないとは言えません。長期間服用する薬に比べれば、アフターピルの方が副作用は持続しないという部分はあります。しかし、体調がすぐれなかったり、過去に病気を患ったことがある方、現在何か他の薬を服用している人は、医師の判断を仰いだ上で低用量ピルやアフターピルの服用を行うようにしましょう。

アフターピルのデメリットとは

性交後あまりにも時間が経過した場合には、アフターピルは効果を発揮しません。さらに病院でも扱っていない場合もありますし、保険が効きません。

ですから、ネット等にてアフターピルを購入するしか方法はありません。市販薬としては販売されておらず、ネット購入が主となります。しかし、注文後に海外から発送されるものなので、事前に購入しておくようにしましょう。

まとめ

上手く付き合うことをオススメする女性
低用量ピルにおいても利用する人は多くなっていますし、アフターピルについてはジェネリック医薬品でもある、アイピルと言う比較的安価なお薬も販売されるようになりました。妊娠を希望しない女性にとっては、低用量ピルとアフターピルを同時に利用するというのが最も望ましい方法でもあります。

どちらの薬も副作用はあるものの、最近ではその作用も抑えられた薬も多くあります。もし副作用が気になると言う方は医師に相談した上で服用することもオススメです。それぞれのお薬にも注意点がありますから、そこに配慮しながら上手に利用することが何よりも大切です。