アフターピルの避妊効果と副作用

通販・個人輸入代行で買えるアフターピルの種類

time 2017/03/28

通販・個人輸入代行で買えるアフターピルの種類

病院からの処方に比べると、断然お得に購入する事のできる通販・個人輸入代行のアフターピル。一言でアフターピルと言っても、通販・個人輸入代行を利用して購入する事ができる種類は多く、どれを購入すれば良いのか迷う人も多いと思います。
そんな、アフターピルの代表的な種類と言えば、アイピル・マドンナ・アンウォンテッド72の3種類。そんな代表的な3種類のアフターピルの利用方法などを事前にしておくことで通販・個人輸入代行を利用しアフターピルを購入する際、選びやすくなるかと思います。

アイピルの特徴とは?

アフターピルの中でも広く知られているアイピルのイメージ
アフターピルの中でも、最も代表的な種類と言えるアイピル。その為、アフターピル=アイピルと言う認識の人も多いかと思います。そんなアイピルの代表的な特徴と言えば、まず72時間以内に飲む事が原則と言う点。そして、出来れば24時間以内に飲む事で、より避妊効果を高める事ができると言われています。

またアイピルの場合、1回に1錠だけ飲む事で避妊効果を得る事ができる事によって、その後の飲み忘れによる避妊効果の失敗を予防する事が可能だと言えます。副作用は、吐き気を感じる人が最も多いと言われ、次いで頭痛など体の変化が主な副作用となります。吐き気が心配な場合などは、万が一吐いてしまう事を考え、市販の吐き気止めと一緒に飲んでおく事がお勧めです。

ただし、吐き気と言った副作用は他のアフターピルに比べれば比較的少なく、飲んだ薬を嘔吐で吐き出してしまうと言ったリスクは少ない種類です。その為、吐き気が心配な人には、お勧めする事ができるものになります。

マドンナの特徴とは?

マドンナもアイピルのようにアフターピルの代表的な種類の一つです。マドンナは72時間以内に飲む事が必要で、24時間以内に飲む事で避妊効果をアップさせる事が可能となります。服用方法は72時間以内に1回目の服用、その上で服用後12時間後にもう1錠飲む事によって、避妊する事ができる仕組みの薬です。この2回目の服用が少しデメリットと言えます。

12時間後となれば普段の生活を送る人も多く、ついつい飲み忘れをしまう人も少なくありません。それによって、避妊ができなくなってしまう可能性も出てしまうのです。アフターピルの代表的な種類になっているものの、この2回目の服用が大きなネックだと感じる人も少なくありません。

そのため飲み忘れが心配な人は、あまりお勧めできない種類のアフターピルになっています。ただし服用を2回に分けることで、より避妊効果が高いとも言われています。その反面、副作用が強くあらわれやすい人も少なくありません。

アンウォンテッド72の特徴とは?

水を飲んでいる女性
最後がアンウォンテッド72です。このアンウォンテッド72の場合、アフターピルの他の代表的な種類に比べると少し認知度が低い方かと思います。とは言っても、十分な避妊効果を得る事ができるアフターピルで、72時間以内に飲む事で避妊効果を得る事ができる可能です。
出来れば24時間以内に飲む事で、より避妊効果を高める事ができます。その上で服用するのは1回1錠のみ。2回目以降は必要ありません。

その為、2回目の服用を忘れ避妊に失敗するといった心配はないかと思います。ただし副作用としては、吐き気を感じる事があるため心配な人は吐き気止めの併用が必要になります。

アフターピルの代表的な3つの種類を比較した場合

これら代表的な3つのアフターピルを比較した時、服用までの時間はすべて72時間以内と同じ時間です。また、有効成分もレボノルゲストレルと同じ成分が使用されています。しかし、マドンナとアンウォンテッド72は0.75mgの含有量でアイピルは1.5mgと倍近くが含まれています。そのため、アイピルの方が避妊効果は高いと考えられます。

しかし、その分少し副作用が強くあらわれる場合もあります。また、飲み忘れが心配な人の場合は、1回の服用のみで効果を得る事ができるアイピルかアンウォンテッド72を購入する事をお勧めします。

効果・副作用の症状には個人差がある

アフターピルがどれが良いかは人それぞれ
以上がアフターピルの代表的な3種類の特徴と比較です。すべて通販・個人輸入代行で購入する事ができるものばかりとなっており、インドやシンガポールからの購入となります。その為、一定の時間が必要になる事から避妊に失敗してからではなく、その前から購入しておく事をお勧めします。

また、1錠のみからの購入が可能ですが嘔吐などが心配な場合は、少し多めに購入しておくと安心です。嘔吐してしまった場合は、もう一度、服用する必要があるためです。
これら3種類は価格においても、そう大きな違いはありません。その為、あとは好みで選んでの購入になるかと思います。その為、よく副作用などを確認し、少しでも自分の体に合った種類のアフターピルを選び購入する事をお勧めします。